ごあいさつ

全体テーマ『 県都創生!〜Let’s Create Value〜 』
  − 地域発展は人なり。勇気と情熱で新たな価値を創造しよう! −

福島商工会議所青年部
平成28年度会長 加藤 貴之

 加藤 貴之


会長加藤 貴之


 東日本大震災より5星霜。発災よりこれまでは試練と労苦の繰り返しであった。しかし、その中にあって、発災以前では得ることのなかった“新たな価値”を生み出したことも確かであろう。 国は「地方創生」を叫ぶ。確かに時は“自助・共助”の時代。どの地方よりも労苦を重ねた福島県こそが、今“復興”と同時に“創生”への道程を歩むべき地点に立っていることは間違いない。

 なかんずく我々の住む福島市は、紛れもなく“県都”であり、どこよりも聡明で、どこよりも誇り高くあらねばならない。福島市こそが“復興”そして“創生”の先導者であらねばならない。福島市民こそが幸福王者であらねばならない。その心と気概こそが発展の礎であり、それらを具現化する団体の中核に、我ら「福島商工会議所青年部」はあると確信する。

    

 “企業は人なり”といわれるが、地域の発展も“人”で決まる。5年の月日をどう活かし、先の5年をどう創っていくか。その新たな出発の本年、単年度事業という制限の中にあって、福島市の経済的発展の支えとなる中心市街地の活性化を柱とした限界突破の事業を展開し、全県、全国、否全世界から人々が集う福島市を目指し、微力ながらも福島YEGとしての使命と責任を果たしてまいりたい。

 その活動こそが、復興と創生を育み、地域と企業、そして人々に価値をもたらすと信じてやまない。  福島YEGの全同志とともに、誇りも高く『県都創生!』を叫び合い、次の5年に寄与する“新しい(文化的)価値の創造”をもって、豊かで住みよい活気ある県都づくりに貢献してまいりましょう!


1.県都(地方)創生に関する事業

  1. 福島市の経済的発展と中心市街地の活性化に関する事業
  2. 講演会等の情報発信に関する事業
  3. 先進的地域発展の事例や国際情勢等の調査研究
  4. 夏まつり(福島わらじまつり等)への参画と協力
  5. 東北六魂祭への参画と協力
  6. 福島県若手後継者等育成事業
  7. その他必要な地域振興のための活動と協力

2.会員親睦に関する事業

  1. 会員親睦事業の開催
  2. その他必要な懇親会・慰労会等の開催

3.団体交流に関する事業

  1. 福島青年会議所や福島市商店街連合会青年部、関連団体等との連携・交流
  2. その他、必要な団体間の連携

4.会員増強に関する事業(新規入会者目標10名)

5.広報に関する事業

  1. 福島商工会議所青年部ホームページの定期更新
  2. 福島商工会議所「所報ふくしま」青年部トピックスの掲載
  3.      
  4. ITを活用した会員相互情報ネットワークの充実

6.所属関連団体に関する事業

  1. 福島商工会議所への協力
    ※ 平成28年度は「福島商工会議所 創立100周年」に向けた連携強化
  2. 福島県商工会議所青年部連合会への出向と協力
    ※ 平成28年度は「単会の高次化」を図るため連携強化
  3. 東北ブロック商工会議所青年部連合会への協力
  4. 日本商工会議所青年部への協力

7.震災復興に関する事業

  1. 地域の経済・文化・環境の維持及び回復における寄与貢献
  2. その他必要な震災復興に資するあらゆる活動

8.その他本青年部のあるべき姿のために必要な事業